ドラッカーのマネジメントとは

マネジメント

2001年にダイアモンド社より出版されたドラッカーの「マネジメント【エッセンシャル版】基本と原則」を読んで、特にマネージャーとはどうあるべきかに関係する部分から、個人的に響くところをまとめてみました。

実際のところ、すべての要件を満たすマネージャーはもう存在しない気がします。組織的に分担して機能するようにするとしたら、最後に残るのは形にしにくい気概 (spirit)の部分でしょう。

会社規模の違いによるマネジメントも説明されていて、小企業のマネジメントに対する誤解への解説が興味深いので、また別に記事を書く予定です。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました