組織改革

組織改革

小さな会社の社長が組織改革をしようとするとき #1

「小さな会社」の定義を「同じ組織内で長期的に働いている社員が50人ぐらい」とします。このくらいの規模なら社長が社員全員のことを把握できるからです。もっと規模が大きくなった場合は、信頼できる社員に任せる必要があり、そこで自分が望むのと違う方向...
ティール組織

中間管理職が組織改革をしようとするとき #3

テーマ「中間管理職の有志が集まって組織改革を草の根的に行うにはどうすればいいか」の#3になります。 その3:少ない抵抗で改革を進める方法 前回の#2の例はとびきり優秀な社長だからこそ出来たことと思いますが、執筆された書籍でそのノウハウを...
ティール組織

中間管理職が組織改革をしようとするとき #2

テーマ「中間管理職の有志が集まって組織改革を草の根的に行うにはどうすればいいか」の#2になります。残念ながら中間管理職に出来ることはほとんどありません。ただマネジメントやリーダーシップを勉強し、日々の行動に取り入れることで少しずつ変えていけることはあります。そのヒントになるものをご説明いたします。
事例紹介

中間管理職が組織改革をしようとするとき #1

中間管理職の有志が集まって組織改革を草の根的に行うことはやめた方がいいでしょう。たとえ事業部長や役員が好意的に協力してくれても、途中で挫折したり掌返したように反乱分子にみられる可能性が大きいからです。ただ、やり方次第で一石を投じることが出来る、つまり限定的な部分でやや永続的な改善を行うことは出来ます。
ティール組織

改革の3ステップでオレンジ組織からティール組織に変える

改革の第一歩は利益を上げる組織を作ること。但しそれは手段であって目的ではない。トップダウンで効率化し、仕事は出来るが倫理観の欠如した腐ったリンゴを排除します。短期的混乱、反対意見と売り上げの低下に耐え先に進むと、社員が動き出す。
組織改革

コアメンバーが事前に自覚しておくべき10個の注意点

これから説明する10個の注意点は、当たり前のようですが大切な項目なので活動途中でも確認しながら活動してください。 活動リーダーが社長であり、実質的リーダーを兼務している場合は全く問題ないのですが、役員や部長クラスに活動を依頼している場...
組織改革

社員全員が自覚しておくべき10個の注意点

社長が社内を大きく変革しようとする場合も、社員が自分の部署の問題を改善しようとする場合も、根本的には注意することは同じです。 最も重要なのは、「自分がなぜそんな気持ちになったのか?自分を突き動かしている抑えられない気持ちがどこから来る...
組織改革

改革の7つの障害

1.組織改革で最後に取り残されるのは経営陣 自分が動いた方が早いと何でも自分で決めてしまう優秀な社長の周囲には、イエスマンしか残りません。そのことに気付いたごく少数の社長さんだけが、本気で組織改革を決断されます。 社員が自立して動き...
組織改革

組織改革前のよくあるQ&A

Q1: 既存の改善活動を中止することで無駄になるコストとの比較はできますか? 回答:新しい活動を開始できる時点では、従来のコスト重視の価値観から脱却でき、大枠で合意が取れていると想定しています。 逆に言えば、具体的活動を開始する前に...
ティール組織

実践的ティール組織導入方法

実践的ティール組織導入方法 昨年英治出版から出た「ティール組織」が話題になっています。 ティール組織とは、2014年にフレデリック・ラルーによって執筆された原著『Reinventing Organizations』によって紹介された...
タイトルとURLをコピーしました