バランススコアカードの問題点と改善策

マネジメント

バランススコアカード(=以下BSC)は、業績評価手法として有名で、すでに業績評価や人事評価システムとして導入されている会社も多く、ご存じの方は多いかと思います。

ただ、導入されているが半ば形骸化したり、効果を生かし切れていない場合が多いようで、その問題点と改善策をご説明させて頂きます。

BSCを導入することが必須ではありませんが、BSC導入における問題点や工夫は、業績を正しく評価し、社員一人ひとりの仕事と紐付するのに非常に良いヒントとなります。

BSCの専門家、吉川教授と高亀氏の記事を抜粋しました。

BSCの必要性と効用

BSC導入において、第一人者の吉川教授は以下のことを述べておられます。

日本経済の成長は、アジアの会社との低コスト競争にさらされ低下しており、単なる業務の改善だけでは競争に勝てません。

日本の会社は、自分達の戦略を明確にし、社内の意思疎通を図り、現場からのフィードバックを可能にするマネジメント・システムを導入する必要があり、このBSC導入による効果が期待されます。

またBSCは、日本企業の特徴である精神論的経営ではなく、ビジョンと戦略を確実に実現する戦略マップを描くことができます。

掲げたビジョンと戦略を絵に描いた餅にしないよう、組織の末端まで浸透させ、トップから従業員一人ひとりに至るまで、組織全体のチーム・ワークと結束力を強化し、自分たちの夢であり目標であるビジョンと戦略の実現を可能にする、革新的マネジメント・システムである。

BSCの問題点と改善策

BSCを導入時によく問題になるのが、ビジョンや戦略の完成度が低いことです。BSCで使える戦略マップを書くには、ビジョンから根本的に見直す必要があります。

時間をかけて見直しても、今度は運用段階で社員のマネジメントやファシリテーションスキル不足が目立ち、目先業務が多忙なこともあり、期待したほどの成果が出にくいようです。

BSCの問題点については、高亀氏のレポートが非常に詳しく解説されていたので、項目を挙げさせて頂きました。

出典(日本企業がBSCを導入する際の問題点の分析とKSFの提案  高亀雅彦著)

注: KSF(=Key Success Factors、重要成功要因)

BSCを導入する際の問題点【抜粋】

1.経営トップおよび実行委員のBSCへの理解不足

2.経営トップのコミットメント不足

3.曖昧なビジョンと全体戦略

4.他既存経営システムとの摺合せ不足

5.現場との連携不足

6.困難な目標設定を避ける

7.社員のプロジェクト管理スキル不足

改善策(高亀氏の提案)

1.社内コンサルチームとCFT(=クロスファンクショナルチーム)の設立

注:CFT=各部署からそれぞれ人をCFTに異動させ、コンサルと各部門の橋渡しをさせる

注:社内コンサルとは、外部コンサルを社員として一定期間雇用すること

2.BSCを十分理解すること。そしてBSC導入目的を明確にする

3.CFTは全社の視点で各部門の目標設定を行う

4.CFTは社内コンサルと各部門の橋渡しを行う

5.CFTが中心となり、ミドルアップ、ミドルダウンで展開する

6.CFTは決して手綱を放してはいけない

BSCの事例と具体的改善方法

実際のBSC活用例です。まだ詰めが甘いのですが、問題の原因を深堀しテーマにしています。

社員から職場の問題点を挙げてもらったときは、どこの企業でもよくありそうな問題がどんどんあがっていきます。では、その原因はなぜだと思いますか?と深堀りをしていくと、その企業特有の問題や根本的な問題に集約されていきます。

ただ残念なのは、解決策を考えたときに、「管理や追跡のシステムをつくる」、「〇〇できるような人材を育てる」等の短絡的な策しか思い浮かばないのです。ではどうすればいいのか?

それは、理想の状態を細かく想像することです。どこまでを個人のスキルで補うべきか?どこまでは全社的スタッフ機能でサポートするのか?そのうちどこまでをツール化するのか?その環境の中での日常を想像し、それでいいのか?楽しいのか?理想の姿か?メンバーで語り合い組織の総意を固めていくアライメント調整を何度も行うのです。

細かな理想の姿が見えてきたら、BSCのテーマや施策も具体的に何をすればいいのか分かってきます。

「効率化が出来ればいいだろう」、「人材育成が出来ればいいだろう」と目標数値を達成出来れば自分の仕事は果たしたと考えるのではなく、数値化しにくい定性的な改善点を感じ取りながら、どう可視化するのかを考えながらアップデートしてください。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました