2020-11

組織改革

小さな会社の社長が組織改革をしようとするとき #1

「小さな会社」の定義を「同じ組織内で長期的に働いている社員が50人ぐらい」とします。このくらいの規模なら社長が社員全員のことを把握できるからです。もっと規模が大きくなった場合は、信頼できる社員に任せる必要があり、そこで自分が望むのと違う方向...
ティール組織

中間管理職が組織改革をしようとするとき #3

テーマ「中間管理職の有志が集まって組織改革を草の根的に行うにはどうすればいいか」の#3になります。 その3:少ない抵抗で改革を進める方法 前回の#2の例はとびきり優秀な社長だからこそ出来たことと思いますが、執筆された書籍でそのノウハウを...
タイトルとURLをコピーしました